開運厄除祈願

開運厄除祈願

人生の大きな節目、転換期に相当する厄年は、家庭的、社会的に最も大切な時期で、前厄・本厄・後厄と3年間続きます。 厄年とは男女共に災難や障害など悪い事が起こりやすい時期に重なる事から、あらゆることに気をつけなければならないとされる年齢のことで、その起源は中国の陰陽道にあり、一般的に男性は42歳、女性は33歳を「大厄」といいます。
「厄」という言葉を聞くと、悪いことが起きるのではないかと不安になるものですが、この「厄」の文字には「節目」という意味もあり、これは古来より伝わる「その年は身体的にも精神的にも変わり目に当たるため慎重に進めなさい」という教えであり、長い時間をかけて培われてきた生活文化でもあります。
厄年にはご祈願を受けて、心機一転、日々の健康と安泰をお祈り致しましょう。

ご祈願の申込方法

ご祈願は基本的に予約制です。ご予約につきましては、
ご来社またはお電話のみとさせていただきます。

ご来社によるお申込

神社行事などにより、
受付できない場合もございます。
予めご確認の上、お越し下さい。

【受付時間】
午前9時~午後4時(年中無休)

お電話によるお申込

当神社社務所までお問い合わせ下さい。

046-872-2681

【受付時間】
午前9時~午後4時(年中無休)

開運厄除祈願イメージ

ご祈願受付時間

午前9時30分~午後3時30分(年中無休)

ご祈願はおよそ30分間隔にてご奉仕しております。
同時間帯に複数の方がご祈願をお申込の場合、ご一緒にご祈願を執行致します。
一組ごとのご祈願の希望は承っておりませんのでご了承下さい。

初穂料

開運厄除祈願 五千円・一万円・一万円以上お気持ち

封筒、熨斗袋に入れてお持ち頂く場合は「初穂料(はつほりょう)」
または「玉串料(たまぐしりょう)」と書き、その下にお名前をお書き下さい。

厄年表

*数え年とは、満年齢に誕生日前には2歳、誕生日後には1歳を加えた年齢です。

令和3年(2021年) 男性の厄年(数え年)
前厄 大厄 後厄

24歳

1998年
平成10年
生まれ

とら

25歳

1997年
平成9
生まれ

うし

26歳

1996年
平成8年
生まれ

ねずみ

41歳

1981年
昭和56年
生まれ

とり

42歳

1980年
昭和55
生まれ

さる

43歳

1979年
昭和54年
生まれ

ひつじ

60歳

1962年
昭和37年
生まれ

とら

61歳

1961年
昭和36
生まれ

うし

62歳

1960年
昭和35年
生まれ

ねずみ

男性における本厄(25歳、42歳、61歳)のうち、1980年(昭和55年)生まれの42歳は大厄となります。

令和3年(2021年) 女性の厄年(数え年)
前厄 大厄 後厄

18歳

2004年
平成16年
生まれ

さる

19歳

2003年
平成15
生まれ

ひつじ

20歳

2002年
平成14年
生まれ

うま

32歳

1990年
平成2年
生まれ

うま

33歳

1989年
平成昭和64
生まれ

へび

34歳

1988年
昭和63年
生まれ

たつ

36歳

1986年
昭和61年
生まれ

とら

37歳

1985年
昭和60
生まれ

うし

38歳

1984年
昭和59年
生まれ

ねずみ

60歳

1962年
昭和37年
生まれ

とら

61歳

1961年
昭和36
生まれ

うし

62歳

1960年
昭和35年
生まれ

ねずみ

女性における本厄(19歳、33歳、37歳、61歳)のうち、1989年(平成元年・昭和64年)生まれの33歳は大厄となります。

十三参り

古来より「智恵授け」と呼ばれる神様から智恵をいただく十三参り。
大人への第一歩を踏み出すための大切な儀礼です。
数え年十三歳の男女が智恵・福徳・健康を授かるために参拝します。
ご祈願は年中承ります。
ご家族お揃いでお参り下さい。

男女共通

 

令和年該当

 

 

数え13

 

 

平成21年 生まれ

うし

駐車場

ご祈願にはお車でお越しいただけます。

ご祈願をお申し込みの方は、2時間まで無料となっております。
祈願受付の際にお申し出下さい。

ご祈願後

お渡ししたお札は神棚もしくは目線より高い位置にお祀りし、お下がりの御神酒、神饌(海苔)はお召し上がり下さい。

お守りは身近にお持ち下さい。

森戸の清め塩は、お家に入る前にご自分をお清めいただき、残ったお塩は盛塩などにお使い下さい。

よくある質問
ページの先頭へ